更新年月日 平成30年12月10日

防災

     本校では緊急連絡等の情報配信を目的として、学校情報メール配信サービス(まちcomiメール)を導入しています。

訓練の様子

土砂災害を想定した避難訓練 (平成30年12月更新)

     12月5日(水)に土砂災害警戒情報が発報されたことを想定した避難訓練を行いました。 今回警報音は鳴らさず、放送指示のみでの避難でした。その放送や先生の指示をよく聞き、落ち着いて避難することができました。全体会終了後は、土砂災害についてのアニメーションや紙芝居、土石流体操を通して土砂災害とはどんなものなのかを知ったり、どのような状況になった時避難を意識したら良いかを考えるなど、学部やグループに即した内容で土砂災害について学びました。
s5
      (全体会)
s3
      (中学部)
s4
      (高等部)

s5
      (小学部)
s3
      (高等部)


















シェイクアウト訓練 (平成30年11月更新)

     11月5日(月)にシェイクアウト訓練を行いました。小学部ではサイレンの音が流れると教員よりも先に反応し、素早く机の下に隠れ、身を守ることができました。月1回行われるシェイクアウト訓練の成果がでてきていると思います。実際に災害が起きた時にも素早く身を守れるように、今後も定期的に行っていきたいと思います。
s1
         (小学部高学年教室)
s2
        (小学部低学年教室)














シェイクアウト訓練 (平成30年10月更新)

     10月9日(火)シェイクアウト訓練を実施しました。高等部3年生の教室では、サイレンが鳴ると素早く身を守る態勢に移行する姿が見られました。教員が言葉掛けをするよりも先に、机の脚をしっかりと握り、身を守る態勢をとることができました。これらをお手本に、全児童・生徒が自身の身を守る意識と力が向上するよう、今後も訓練を行なっていきます。
s1
         (高等部3年 教室)
s2
        (高等部3年 教室)














防災交流学習 (平成30年9月更新)

     9月6日(木)に地震を想定した避難訓練と、防災交流学習を行いました。避難訓練では、前回の訓練よりも早くグラウンドに避難することができました。児童・生徒たちは、素早く自分の身を守り、教員の指示に従って落ち着いて避難することができました。また、最近は全国で大きな地震が増えてきています。日頃の避難訓練を活かし、実際に災害が起きた場合にも素早く避難できるようにしていきたいです。
s1
s2














     防災交流学習では、防災に関する内容を体験しながら学びました。消防署や生活協同組合ユーコープ、緑区役所地域振興課・相模原市役所緊急対策課にもご協力いただきました。各ブースをスタンプラリー形式で回り、消防服の試着体験や、AEDの使い方、非常食の試食など、計10箇所の体験をしながら防災について学びました。消防服の試着体験では、子ども用の消防服を持ってきていただき、鏡を見ながら試着体験を行いました。非常食の試食では、アルファー米とポテトチップスを使ったサラダやスープの試食をしました。本校のものだけでなく、いろいろな防災食も試食できる体験もできました。様々な体験的な活動を通して、児童・生徒は防災について学ぶことができました。
s5
   (段ボールベット体験)
s3
  (レスキューマット体験)
s4
     (消防車体験)











シェイクアウト訓練 (平成30年7月更新)

     7月9日(月)シェイクアウト訓練を実施しました。今月は午後の授業中に行いました。しっかり頭を守り、机の下に隠れることができました。体育館でも、頭を守れるものを探し、すばやく対応することができました。
s1
           (中3教室)
s2
           (体育館)














シェイクアウト訓練 (平成30年6月更新)

     6月7日(木)防災訓練を実施しました。今月は午前の授業中に行いました。サイレンの音を聞くと、すばやく机の下にもぐり、教員の指示をしっかり聞き、自分の身は自分で守ることができていました。
s1
           (高2教室)
s2
           (高1教室)














シェイクアウト訓練 (平成30年5月更新)

     5月9日(水)シェイクアウト訓練を実施しました。毎月1回、発生時間帯をランダムに設定して実施していきます。児童・生徒一人ひとりがしっかり自分の身を守れるよう、どこに居ても、何をしていても対応できるよう訓練を重ねていきます。
s1
           (小学部教室)
s2
           (小学部教室)














火災を想定した避難訓練 (平成30年5月更新)

     4月24日(火)に火災を想定した避難訓練を行いました。児童・生徒は、「おかしも」を守りスムーズにグラウンドまで避難することができました。 今回は、奥畑自治会から6名の方にも参加していただき、消防署員指導の元、水消火器を用いた消火訓練を行いました。
     消火訓練の際、児童・生徒は大きな声で「火事だ!」と知らせることができました。
s1
         (グラウンドへ避難)
s2
          (消火訓練)

















このページの先頭へもどる

このページに関するご質問は、神奈川県立津久井養護学校にお問い合わせください。